しんどすぎる。癇癪を起こして泣き叫ぶ2歳10ヶ月の息子にイライラしてどうすればいいかわからない。

今日はかなり酷いかんしゃくを起こしたので、その様子について。

2歳10ヶ月の息子のかんしゃくが酷すぎる

2歳半頃からはじまったかんしゃく。

2歳7ヶ月にピークで一度治ってきたと思っていたのに、また2歳10ヶ月から酷くなった気がする。

しかも2歳7ヶ月の頃には泣くだけだったのに、最近は「やだやだやだ」と「いやーーーーーーーーーーーー!」っと耳を塞ぎたくなるようなキンキン声で泣きつづける。

ABA療育(家庭で無理なく楽しくできるコミュニケーション課題30 自閉症の子どものためのABA基本プログラム2 で勉強中)の原理でいえば、ぜったいに反応したらダメやつ。

ここで抱っこしたり子どもの思い通りに対応したりしたら、そのよくない行動が強化されてしまう。

 

2歳10ヶ月息子の今日のかんしゃくの原因と対処

息子は服を着るのが嫌い。

パンツを履くのも嫌い。

お出かけのときは「おてがけするよ〜」って言えばちゃんと服を着てくれるけど、予定がなく家にいる日はとにかく服を着たがらない。

朝着替えをするようパンツを脱がせて、自分で吐くようパンツを手渡すとイヤイヤがはじまった。

でももう2歳10ヶ月、もうすぐ3歳、療育園がはじまるし(4月からはじまってるけど、いまはコロナの関係で自粛中)、身辺自立を促したい。

「パンツ履こう」と声かけしたけど、ヨーグルトが食べたいと訴えてきたから、「パンツ履いたら食べよう」と伝えた。

そのあとはかんしゃくを起こしまくり。

ヨーグルトを冷蔵庫から出してきて「パンツを履いたら食べよう」と伝えて、それからは無視(消去)した。

「ママーーーーーー!」と泣き叫ぶから、(土曜日でパパいたので)パパにバトンタッチ。

途中からヨーグルトではなく、ママが強化子になった。

2歳10ヶ月の息子へ消去して対応した結果

7:10〜かんしゃくへの対応。

7:40まで泣いて暴れつづけました。

最終的には、足をとおすのはパパがプロンプト(手助け)しながらやってあげて、パンツを上に上げて履くのは自分で達成できました。

イライラして爆発しそうになるけど、ひたすら無になるしかない。

かんしゃくの泣き方は酷くなってきたような気もするけど、時間的には2歳7ヶ月の頃よりかなり短縮してて、その点ではラクになったかな。。

2歳7ヶ月のときは、平気で1時間以上かんしゃくが治らなかったので、消去して対応している成果はあるのかなぁ、という実感です。

2歳後半の子どもがかんしゃくを起こしたら絶対に反応しない

息子はパパのことは呼ばず延々と「ママーーーーー!!!」と泣き叫んできたけど、目は合わせないようにした。

すこし前にABAセラピスト・スーパーバイザーの方のコンサルを受けて、かんしゃくを起こしたら、目は合わせずほかのことをするのがいいと聞いたので。

ただ、避けるようにする必要はなくて←それは子どもがショックだからすべきではない

そばに寄り添いながら、制止しつつ、目は合わせず、ほかの行動(片付けをはじめたり家事をしたり)を敢えてする。

今日はパパがそばに寄り添って、ママはすこし離れていました。

2歳児のかんしゃくはイヤイヤ期でもあり、些細なことで泣き喚くのでめちゃくちゃしんどいですよね。

絶叫のような泣き声を聞いていると、気がおかしくなりそうです。

でもここで折れたら、来年年少で幼稚園に行くようになっても自分の思い通りにならないとき、切り替えができなくて悲惨なことになりそうなので、引きつづき消去して対応していきます。。

同じように発達ゆっくりなお子さんがいる方、しんどいこともありますが、

ストレスがたまったら、吐き出せるところで吐き出してほしい。

わたしは2歳の息子が心底可愛いくてずっと抱きしめていたいときと、引っ叩きたくなるくらいイライラしてしまうときがあります。

だからここで文章にして吐き出して、また落ち着いて息子に向き合っていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です